ホントなら、
「何でやねん!!!!」と大声を出すところでしょうが、
元々「そうちゃうかなぁ……」と思ってたんで
「やっぱりかwwww」というのが診断を聞いたときに思ったことでした

何のことかというと
表題にありますとおり、
大人なのに「手足口病」にかかってしまいました。

それが、
子供が先に罹って
親が後に罹るのなら
ネットにたくさん乗っているのですが、
子どもより親のほうが先に罹るなんて載ってなかったですわ

しかも罹ったのは父親である私



症状が出だしたのは
火曜日で仕事から帰ってきたときのことでした。

踵に痛みを感じたんで触ってみると
小さな水泡が既にいくつかあったんですわ

さらに手のひらを見てみると
やはり2つほどの水疱が
……。

いずれも
あまり痛くなかったし
「ちょっと疲れがたまってきたのかなぁ」ぐらいで経過観察の予定にしていました。

水曜日の朝
起きてみると
喉に軽い痛み舌に痺れたような痛みとがありましたが
これは口をあけて寝たから口の中が乾燥したからだろうと思い
そのまま出社したのですよね。

ところが、
1時間ほどクルマを運転して職場についてみると、
体がむっちゃだるい

午前中は何とか職務をこなすも、
昼休みは
おにぎり2個だけを食べて
(あっ!これはいつもの食事内容ねwww)
頭痛もあったんで
屋上に大好きなタバコを吸いに行くことなく昼寝をしたのでした。

午後からは、
何とか持ち直したかのように思いましたが、
頭痛が去ったのに入れ替わるように
腰や膝関節、足首にイヤな痺れが出まして
早めに退社させてもらったんですわ。

そこまで気を使ってもらったし、
私自身も、
いつもの…じゃないぞという予感もしましたので、
自宅近所の内科を受診したら「風邪の症状ですわ」と一言w
熱も37.8℃ほどありましたしねぇ……。

ただ心に引っ掛かりがあったんで
手の水疱や足の水疱のことを伝えたのですが、
「気になるようでしたら皮膚科に行ってください」とそれだけでした

翌日木曜日は
起床直後から足の裏が痛く
歩くのにも不自由するほどになってました。

仕方がないので
街の皮膚科を受診したら、
先生は首をひねるばかりで、
「何が原因かわからんわ????」とのこと。

「足は水虫が原因、手は多汗症だからとちゃうか?」と
軟膏3本もらって帰りました。

帰っててから
どうにも納得できなかったんで
いろいろネットで検索したところ
「手足口病」に行き着きまして
「でもなぁ時期も症状もドンピシャなんやけど子供の罹る病気やな……。」
「おや?大人でもかかることがあるのか……でも、子供からうつされたってパターンみたいやな」
「でも可能性は0ではないから大きな病院で見てもらおうか」

そんなわけで
手足の水疱が更にひどくなってきましたし、
手にも痛みが出て手のひらだけだった水疱が手の甲まで出てきたことから
「ハッキリさせた方が良いぞ」と思い
今度は
市民病院の皮膚科を受診しところ「手足口病」だったというわけです。


症状のまとめです
1.水疱ができる
2.それから1~2日後に発熱が起きた(微熱程度)
3.喉の痛み、手のひらの水疱によるの痛み、足の裏の水疱による痛み
4.痛みの質は、傷や捻挫の痛みと違う痛さ
  (「正座を長時間したような痛さ」あるいは「運動でマメができた」のに近いかも)
5.歩くのはそのせいで摺り足で歩くか、気合を入れながらでないと難しいですねwww
6.水疱は米粒大とか言われますが、私の場合は直径5ミリ程度のこともあれば米粒大もあります。
7.いくつかの水疱が合体して指先の半分以上が水疱になっているのもあります。

手足口病で画像検索しても
出てくるのは子供ばっかりか
大人だったとしても外国人のものだったりして
参考になりませんので
水疱が出来て風邪のような症状が出たら
疑ってみても良いんではないでしょうか?



さて……
熱は
そろそろ下がる筈なんですが、
水疱は結構長いこと残るようなんで
「痛みに耐えて仕事せなアカンのかなぁ」と思ったら
「ゾッ」としますわ



この続きには
現在の水疱の状態の画像があります…………が、
気の小さい人や食事前の人は見ないほうが良いです。

この画像は、
大人がかかった手足口病の患部画像が少なかったことから
参考になればと自分のものを撮影貼り付けしたものです

甘く見ていて
何らかの精神性障害を被ったとしても
当方は何ら責任を取りませんのでヨロシクですwww

これから先の画像は、
あまり見た目が良くない画像ですので
ご飯前には見ないでくださいね。















CA3J0393
踵の水疱です。
ちょうど中央部分にあるのがそうですが、
いくつかの水疱が合体したので、このようになっています。


CA3J0390
右も小指から人差し指の画像です。
指先は普段から良く使うところなので
いくつもの水疱が合体してしまい、
どこが水疱なのかわからなくなっています


CA3J0389
手の甲側の手首にできた水疱です。
手足口病の水疱といえば
このような水疱が画像検索で出てきますね。


CA3J0388
左の手のひらの水疱で一番大きいやつです。
火曜日に発見していたのですが、
車のハンドルが良くあたるトコなので
このように広がってしまいました。


CA3J0387
左手の指です。
白いところは水疱が合体したトコで
色が濃くなって少し赤みがかったところは
治っていくところみたいです。


CA3J0386
左の手のひら真ん中辺です。
薄っすらとしか写ってませんが、
いくつもの水疱ができているのがわかると思います。


CA3J0385
左手全体ですが、
かなり気持ちの悪いものになっています。


CA3J0392
足の中央部や中心線上に
運動したときにできるマメのような水疱ができています。

これは
昨日今日と無理して歩いたので水疱が広がったものと思われます。

土踏まずや
その右上部にも新たに水疱ができつつあります。